>>>騒音レベル

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

騒音レベル【そうおんれべる】

騒音計で測定された音圧レベルを、デシベル(dB)で示したものをいいます。騒音とは、人が聞いて騒がしくて不快に感じる音のことですが、この音を騒音計を使って客観的な数値で表したものです。
ただし、音圧レベルが同じでも、周波数が違うと人には音の強さが違って聞こえるため、通常は周波数に応じて補正を加えた数値を使います。
補正特性には、国際的に規格化されたA特性(補正の種類のひとつで特にA特性で測定したものを騒音レベルという)を使い、dBAとも表記します。騒音レベルの目安としては、静かなオフィスやレストランが50dB、地下鉄列車内が80dB、自動車のクラクションや鉄道のガード下が100dB、オートバイの加速音が120dBくらいで、この120dBが聴覚機能の限界とされています。また、環境基本法では、住宅地においては昼間は55dB以下、また夜間は45dB以下を望ましい基準値として定めています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

騒音レベルとは?騒音レベルの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?