>>>背割り

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

背割り【せわり】

芯持ち材を乾燥させるときに発生する「割れ背割れ)」を防止または軽減するために、見えない背の部分に、丸鋸を使って樹心に達する割れ目をあらかじめつくることをいいます。背割りを入れることで、木の中心部の水分がすばやく蒸発し、他の面の割れが発生しにくくなります。また「背割り」材は耐力に劣るため土台などには使用せず、化粧材や柱として用いられます。最近では、木材の乾燥技術が進んだため、背割りしなくても大丈夫なものも増えてきました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

背割りとは?背割りの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?