>>>設備設計一級建築士

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

設備設計一級建築士【せつびせっけいいっきゅうけんちくし】

2008年に施工された新建築士法で創設された資格をもった専門家のことをさします。設備設計一級建築士証を申請するには、一級建築士として5年以上設備設計の業務に従事した後、国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う講習の課程を修了することが資格取得の条件になっています。
階数3以上で床面積の合計が5,000m2超の建築物の設備設計については、設備設計一級建築士が自ら設計を行うか若しくは設備設計一級建築士に設備関係規定への適合性の確認を受けることが義務付けられています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

設備設計一級建築士とは?設備設計一級建築士の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?