>>>正当事由

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

正当事由【せいとうじゆう】

借地権契約や借家契約の場合、借り手が契約更新を求めた場合に、貸主側に正当事由がなければ更新を拒否できず、明け渡しを求められないと法律によって決められています。急に明け渡しを求められれば、借地や借家を生活拠点として暮らしている借家人にとって多大な苦痛を伴うことに配慮し、賃借人保護のために設けられているものです。ただし、借り手が家賃を何カ月も滞納している、貸主に無断で転貸している、期間の約束をしているときなどは正当事由がなくても明け渡しを請求できます。貸主側が借り手に明け渡しを求めて訴えた場合、裁判所は正当事由の有無によって貸主、借り手の勝敗を決します。貸主側の要求が認められる正当事由の代表的なものに、家主や家族、近親者や従業員が住むために必要、家主の営業に必要、借家を高く売りたい、建て替えや大修繕をするなどが挙げられます。平成3年には立退料の提供も正当事由にできるとされました。しかし、立退料の額が少なくて借り手側の損失補てんに不十分の場合は、正当事由として認められないこともあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

正当事由とは?正当事由の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?