>>>成年後見制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

成年後見制度【せいねんこうけんいんせいど】

病気、事故などにより判断能力が不十分になった成年に対し、家庭裁判所が援助者を選び、その人物を保護する制度です。対象となる人物の判断能力の程度により、後見、保佐、補助の3種類に分かれています。
成年後見制度が適用されるケースとしては、不動産を所有している人物が、高齢化により認知症の症状が認められる、といった場合が想定されます。たとえば実家で一人で住む親に認知症があって施設に入所することになり、その費用をねん出するために実家を売却する、といった場合、実家の所有者が親だったとすると、子供たちはこれを売却できません。こうした場合に、家庭裁判所に申し立てて成年後見制度を適用すると、後見人により売却が可能になります。ただし居住する不動産の売却は家庭裁判所の許可が必要です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

成年後見制度とは?成年後見制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?