>>>セットバック

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

セットバック【せっとばっく】

セットバックとは、建造物を後退させるという意味ですが、以下のようにいくつかの意味で使われています。
●日照の確保などのために、建物を建てるときに上階を下階よりも後退させること
みなし道路の場合に、道の中心線から2メートル後退した線が道路の境界線とみなされること(ただし、道路の反対側ががけ・川などのときは、がけ・川などの境界線から水平に4メートル後退した線が境界線とみなされます)
●壁面線が指定される場合に、建物の壁またはこれに代わる、または高さ2メートルを超える門・へいは、原則として壁面線を越えて建てられないこと
第1種低層住居専用地域第2種低層住居専用地域の中で、都市計画で外壁の後退距離が定められた場合、建物の壁またはこれに代わる柱から敷地の境界線までの距離は、1.5メートルまたは1メートル以上でなければならないとされていること

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

セットバックとは?セットバックの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?