>>>税源移譲

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

税源移譲【ぜいげんいじょう】

税源移譲とは、国から地方公共団体へ税源を移すことです。
地方分権の推進を目的とした「三位一体改革」として、税源移譲、国庫補助負担金改革、地方交付税の見直しの3つを一体として推進されています。
これまでの地方財政は、歳入に占める地方税収入の割合が3分の1程度に留まり、国庫補助負担金や地方交付税など国からの移転収入に依拠してきました。そのため、国の地方への関与、地方公共団体のコスト意識の希薄さ、受益と負担の不明確さ、「政治とカネ」の不透明感などさまざまな問題が生じています。
税源移譲では、国税を減らして地方税を増やすことで、国から地方へ3兆円が移譲されます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

税源移譲とは?税源移譲の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?