>>>すりガラス

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

すりガラス【すりがらす】

透明な板ガラスの片面に、金剛砂と金属ブラシで細かい傷を付けて不透明にしたガラスのことです。加工していない面はツルツルしていますが、加工した面は細かな凹凸でザラザラしています。光が拡散して透過するので、柔らかい光を均一に採り込みながら、視線を遮ることができ、屋内の間仕切りや建具などによく使われます。光の透過率は、一般的な透明のガラス(フロートガラス)より低いように感じますが、光が拡散しているだけで実は同じです。加工された面が水で濡れると透明度が増し、汚れが付着すると落ちにくいので、バスルームやキッチンなどの水回りには向いていないと言われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

すりガラスとは?すりガラスの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?