>>>水質汚濁防止法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

水質汚濁防止法【すいしつおだくぼうしほう】

水質汚濁防止法とは、河川などの公共用水域や地下水の水質汚濁を防止するため、特定施設からの排水を規制する法律です。特定施設とは工場や事業所のことで、下水道終末処理施設や産業廃棄物処理施設も含まれます。
水質汚濁対策の基本となる法律で、水質汚染による公害や健康被害を防止し、被害が生じた場合の賠償責任を定めて被害者保護を図ることを目的としています。この法律は水俣病やイタイイタイ病、第二水俣病などの公害が発生したことに対して、1970年に排水規制強化を図るために制定されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

水質汚濁防止法とは?水質汚濁防止法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?