>>>スプロール現象

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

スプロール現象【すぷろーるげんしょう】

スプロール現象とは、都心部から郊外へ無秩序、無計画に開発が拡散していく現象のことです。
計画的な街路が形成されず、道路、上下水道、学校や病院等のインフラの整備も立ち遅れ、居住環境が整わないまま虫食い状態に宅地化が進んでいきます。その結果、農地や自然環境の荒廃につながり、交通渋滞を招いたり、災害に脆弱な街になるなど、広範囲にわたって都市機能が低下することがあります。
一度スプロール現象が進行すると、地権の細分化や地価の上昇などにより、改善は困難を極めることとなります。大都市への人口集中や地価高騰が原因で起こるといわれており、計画的な都市建設が求められています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

スプロール現象とは?スプロール現象の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?