>>>スラブ面積

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

スラブ面積【すらぶめんせき】

鉄筋コンクリート造のマンションの床などで、四隅をで囲まれたスラブの広さのことです。
このスラブ面積が小さいほど、床がたわんだりすることに抵抗できる力=剛性が強く、逆にスラブ面積が大きいと剛性が下がり、盤振動が起きやすくなるので、重量床衝撃音に対する遮音性能は下がります。もちろん床スラブを厚くすれば剛性は高くなりますが、あまり厚みを増やせない場合には、大梁の間に適度に小梁を渡すことで、スラブ面積を小さくすることが可能です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

スラブ面積とは?スラブ面積の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?