>>>靱性指向型設計

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

靱性指向型設計【じんせいしこうがたせっけい】

建物は大きく分けて靭性指向型と強度指向型に分類できます。靭性指向型は、強度はRC壁式構造等に比べて小さいものの、変形能力が大きいタイプです。建物を変形しやすくし、変形することで地震エネルギーを吸収させようという方法を「靱性指向型設計」といい、日本に昔からある五重の塔や超高層ビル等がこれにあたります。強度指向型は、フレームや耐震壁の強度を大きくして地震力に対して力で抵抗する考え方で、RC壁式構造等がこれにあたります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

靱性指向型設計とは?靱性指向型設計の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?