>>>準景観地区

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

準景観地区【じゅんけいかんちく】

平成16年から施行された景観法に基づく概念。景観法は良好な景観の形成を促進するための施策を定めた法律。従前の都市計画法ではカバーしきれなかった農村部等も対象にして、地域の個性を反映した柔軟な規制等によって景観の形成を図るための制度を定めています。
具体的には、市町村が、都市計画として景観地区を、都市計画区域外には準景観地区を定め、市町村の条例により、建築物の形態意匠、建築物の高さ、壁面の位置、建築物の敷地面積について制限を定めることができることとされています。
たとえば都市の郊外や高原などの土地に別荘や店舗を建築しようとする場合にその場所が準景観地区(景観地区)だった場合、建物の色や看板の形態などにも規制がかかる場合があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

準景観地区とは?準景観地区の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?