>>>準禁治産者

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

準禁治産者【じゅんきんちさんしゃ】

不動産をめぐる契約や遺産分割などを行なう場合に、当事者に知的障害があると、その契約や遺産分割でどのような効果が発生するのか、判断ができなかったり、不十分だったりすることが想定できます。このように、心神耗弱や浪費などの理由により、不動産などの自己の財産を適切に管理・処理する能力がない、と家庭裁判所が判断した者を、かつて民法でこう規定していました。
しかし平成12年、民法が改正され、かつての準禁治産者は被保佐人と呼称されています。改正前の民法では、軽度の認知症は準禁治産者の対象となりませんでしたが、現行の民法では被保佐人の範囲に含まれています。また準禁治産者は戸籍にその旨が記録されましたが、被保佐人はそのようなことはありません。
たとえば中古住宅を購入する際、売主が禁治産者(現行民法では被保佐人)であった場合、売主とどのような話し合いを持っても売買契約には無効となります。保護する立場の後見人(現行の民法では保佐人)との話し合いが必要になります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

準禁治産者とは?準禁治産者の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?