>>>従物

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

従物【じゅうぶつ】

民法にある概念で、主物に附属せしめられた物のことを従物といいます。従物はそれ自体では独立した存在ですが、主物と一体となることで存在意義があるとされます。たとえば、転居するとして、テレビや洗濯機、冷蔵庫、テーブルなどは転居先でも利用可能ですが、障子、襖、ドアといった建具、畳、風呂桶、セントラルヒーティングなどの機器、据付け式の家具などは転居先では利用できません。建物を主物とすると、これら転居先で利用できないものは従物になります。
微妙な判断となるのは後付けのエアコン照明器具で、中古住宅の売買の内見などの場合には、こうした付帯設備の扱いについて確認し、必要ならば契約書に明記させることでトラブルを防げます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

従物とは?従物の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?