>>>従事者(※宅地建物取引業法において)

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

従事者(※宅地建物取引業法において)【じゅうじしゃ】

宅地建物取引業法において従事者は、従業者よりもやや狭い概念となります。宅地建物取引業(宅建業)を専業にしている業者の場合は、全従業員が「従業者」であり従事者でもあるのですが、本業は建設業で、業務の一部に宅建業がある、というような場合、建設業のみに関わっている従業員は、従業者であっても従事者ではない、とされるのです。

なぜこのような区別がされるのかというと、宅地建物取引業者にとって非常に重要な成年の専任の宅地建物取引士の設置義務に関わってくるからです。法律では、宅建業者は、その業務に従事する者について、総人数の5分の1以上の専任の取引主任者を置かなければならないとしています。この取引主任者を置く人数に関わるので、従事者の範囲は重要な意味を持つのです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

従事者(※宅地建物取引業法において)とは?従事者(※宅地建物取引業法において)の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?