>>>従業者(※宅地建物取引業法において)

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

従業者(※宅地建物取引業法において)【じゅうぎょうしゃ】

不動産業のうち、宅地や建物の売買や仲介(売買・貸借等)を取り扱う業種を宅地建物取引業(宅建業)といいます。宅建業は宅地や建物といった、財産となる高額な物件を取り扱う仕事であり、高度な専門性が必要とされ、免許を取得していない者がこの仕事をすることはできません。そして、免許を取得した事業者の従業員は、宅地建物取引業法により、「従業者」といわれます。ここでいう従業者は、一般の会社の従業員とは異なり、同法に基づく 業務に関する禁止事項の遵守、および守秘義務従業者証明書の携帯義務などを負います。不動産の売買、仲介など取引をする場合、担当者は必ずこの従業者となるはずで、そうでなければ免許を持たない業者ということになります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

従業者(※宅地建物取引業法において)とは?従業者(※宅地建物取引業法において)の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?