>>>住宅の省エネ改修促進税制

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

住宅の省エネ改修促進税制【じゅうたくのしょうえねかいしゅうそくしんぜいせい】

50万円を超える省エネ改修工事を行った住宅の翌年分の固定資産税額(120m2相当分までに限る)が1年間、3分の1減額される制度のことをさします。賃貸住宅ではないことなどが要件となっています。適用となる改修工事時期は、平成20年4月1日~平成28年3月31日で、平成25年3月31日から3年間延長されました。改修工事が終了後、3ヵ月以内に市区町村に改修が確認できる書類を提出する必要があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

住宅の省エネ改修促進税制とは?住宅の省エネ改修促進税制の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?