>>>じゅらく壁

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

じゅらく壁【じゅらくかべ】

安土桃山時代に豊臣秀吉が建築した聚楽第(じゅらくだい)の跡地付近の土を用いて作られたことから、その名がついたとされ、和風建築の代表的な塗り壁の一種です。茶褐色の土を混ぜた土壁の仕上げとして茶室などに広く用いられてきた塗り壁で、耐火性に優れた性質も持っています。年月が経っても表情を変えることはなく、やさしい独特の風合いが魅力。また最近では、じゅらく壁と同じような風合いに仕上げた壁も、じゅらく壁と呼ぶこともあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

じゅらく壁とは?じゅらく壁の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?