>>>ジャッキアップ式免震工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ジャッキアップ式免震工法【じゃっきあっぷしきめんしんこうほう】

免震工法の一種。ジャッキ(扛重機:こうじゅうき)をマンションなどの建物本体の下に置くことで、既存の土台から建物本体を持ち上げ、基礎と建物本体との間に免震用装置を設置し、地震時の揺れによる被害を最小限にとどめる工法です。基礎部分は免震装置を設置している部分に礎柱を設け、必要に応じて補強します。このジャッキアップ式免震工法を採用したマンションでは、免震装置を設置した場所に、毎年点検が入り、確認・補強が行なわれます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ジャッキアップ式免震工法とは?ジャッキアップ式免震工法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?