>>>針葉樹造作用製材の規格

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

針葉樹造作用製材の規格【しんようじゅぞうさくようせいざいのきかく】

針葉樹造作用製材のうち、針葉樹を材料とするものであって、敷居鴨居、壁その他の建築物の造作に使用することを主な目的とするものを指すと農林水産省では定義している。マツやスギ、ヒノキなどの針葉樹のなかでも、住宅などの建築物の敷居や鴨居、内壁といった造作部分に使われる部材についてJASで規格している。造作材は、人目に見える部分に使われることがほとんどのため見え方や美観を大切にし、節の大きさや数によって「無節」「上小節」「小節」「並」などに分類されます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

針葉樹造作用製材の規格とは?針葉樹造作用製材の規格の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?