>>>新耐震基準

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

新耐震基準【しんたいしんきじゅん】

建物を新築する際には、どの程度の地震に、どの程度まで対応できるようにするかを決める必要があります。その目安となるのが耐震基準です。
旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しないような構造基準として設定されていました。昭和56年(1981)にこの基準が見直されました。これが新耐震基準で、目標は下記になります。
・数十年に一度発生する地震(東京では震度5強)の地震力に対しては、構造躯体が損傷しない。
・数百年に一度発生する地震(東京では震度7)の地震力に対しては、構造躯体が倒壊、崩壊しない。となっています。

これはあくまでも目安ですが、耐震、免震、制震いずれの方法を用いるにしろ、これを前提に建物は建てられることになります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

新耐震基準とは?新耐震基準の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?