>>>新住宅市街地開発事業

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

新住宅市街地開発事業【しんじゅうたくしがいちかいはつじぎょう】

新住宅市街地開発法に基づき、都市計画で定められた市街地開発事業の一つ。大都市の近郊など、住宅に対する需要が著しく多い地域に、良好な住宅市街地の開発を目的として実施される事業のことをいいます。特徴は、地域全体の都市基盤整備を前提に、住宅だけでなく、道路、公園、学校、病院、ショッピングセンター、事業所などを包括する複合都市機能を持った、いわば本格的なニュータウンづくり事業であること。このため、開発にあたり、事業区域の土地を全面的に買収し、マスタープランに基づいて宅地や公園用地、道路などを造成、その後、公募を原則として住宅の需要者に売却するという方法をとります。東京の多摩ニュータウン、茨城県のつくば研究学園都市、大坂の千里ニュータウンなどはこの事業によって開発されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新住宅市街地開発事業とは?新住宅市街地開発事業の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?