>>>寝殿造り

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

寝殿造り【しんでんづくり】

平安時代に完成したとされる、位の高い貴族が住む住居形式のことをさします。南に面した「寝殿」を中心に、東西北の三方に配置した「対の屋」を「渡殿」という廊下で結びます。また寝殿の南には池や庭園を配置し、ほかにも「中門廊」「釣殿」などの建物を設けられます。「寝殿」や「対の屋」の内部は、床は板張りで天井は張らず、間仕切りがほとんどないため、屏風や几帳を用いて区切られています。また建物の外周部に壁がなく、蔀戸(しとみど)を吊って屋内と屋外を区切るのも特徴です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

寝殿造りとは?寝殿造りの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?