>>>省エネ基準改正

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

省エネ基準改正【しょうえねきじゅんかいせい】

昭和40年~50年代にオイルショックを経験した和が国で1980年に制定されたのが「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(通称:省エネ法)。この中で省エネルギー住宅を建てる基準「省エネ基準」が定められています。これまでにこの基準は何度か改正されてきました。1992年の改正で「新省エネ基準」となり、1999年の改正で「次世代省エネ基準」に。そして、2013年にも「平成25年基準」に改正され、これまでの建物外皮の断熱性能を指標としていた基準から、建物全体でエネルギー消費量を減らす基準へと変化しています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

省エネ基準改正とは?省エネ基準改正の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?