>>>床几

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

床几【しょうぎ】

日本で古くから使われている調度品の一つで、脚をX形に交差させ、上面に革や布を張った折り畳みできる腰掛のことをいいます。戦場や狩り、儀式など、野外で多く用いられ、簡単に持ち運べる便利なイスとして重宝されました。また、縁側などで用いられる、数人が腰掛けられるような横長のイスのことも「床几」といいます。現在使われている椅子は明治時代から普及したため、それ以前では日本各地で広く使われていました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

床几とは?床几の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?