>>>紫檀

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

紫檀【したん】

マメ科の常緑広葉樹の一種。木材として利用するツルサイカチ属およびシタン属の樹木の総称をさします。また「ローズウッド」とも呼ばれています。心材は暗赤色、辺材は白色と色がはっきりと分かれ、材質は重くて硬いのが特徴です。加工がしやすく、磨くと美しいツヤが出るため、古くから珍重されてきた高級の素材です。床柱や框をはじめ、家具材、突き板唐木細工、器具材、彫刻材、床材、などのあらゆる場所で幅広く使用されています。また「黒檀」や「鉄刀木(タガヤサン)」と合わせて、「唐木三大銘木」と呼ばれることもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

紫檀とは?紫檀の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?