>>>シラスバルーン

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

シラスバルーン【しらすばるーん】

内装塗壁材として用いられている天然素材。天然の火山ガラス質堆積物を原料とし、火山灰(シラス)を約1000℃で瞬間加熱して作られた発泡体で、大きさは5~500ミクロン程度。人体や自然環境にもやさしく、シラスバルーンを内装塗壁材として用いると、脱臭性・防音性・調湿性に優れ、さらに遮熱性や断熱性も高いと言われています。合成材やプラスターボード、セラミックス、セメント系建材、人造大理石など多様な用途に利用されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

シラスバルーンとは?シラスバルーンの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?