>>>シラカンバ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

シラカンバ【しらかんば】

別名シラカバ(白樺)とも呼ばれるカバノキ科の落葉広葉樹で、樹皮が白いため白樺の名が付けられています。本州中部・北部の寒冷地から北海道、サハリン、シベリアなどに分布しており、フィンランドでは国の木としても愛されています。肌目は精密で、堅い材木としても知られ、家具の部材や漆器木地、さらに彫刻材としても利用されています。樹皮は天然の着火剤にもなり、樹液からは人工甘味料キシリトールの原料がとれます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

シラカンバとは?シラカンバの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?