>>>シェル構造

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

シェル構造【しぇるこうぞう】

貝殻のような曲面状の薄い板を用いた建築構造のことをさします。外力を適切に面内に流す設計を行えば、軽くて丈夫で柱の少ない大スパン架構が可能になり、材料も節約できます。鉄筋コンクリートで造られることが多いと言われています。曲面板構造、貝殻構造とも呼ばれ、代表的な建造物にオーストラリアのオペラハウス(複層のシェル構造)や、日本では東京カテドラル聖マリア大聖堂などがあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

シェル構造とは?シェル構造の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?