>>>真壁造り

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

真壁造り【しんかべづくり】

真壁造りとは、を露出し、柱と柱の間に塗り壁や張り壁が施された構造です。
伝統的な日本家屋の壁に、多く見られます。柱が外部に出ているので通気性がよく、耐久性に優れていると言われています。また構造体が直接見えるため、傷みなどの発見が早く、手入れが迅速に行えます。さらに柱の木目や木肌の美しさが、壁との対比で強調されます。柱を隠す大壁造りと比べ、壁が薄くなる、筋かいを入れにくいなどの課題があり、また、職人の技術を要するために工費が割高となる傾向があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

真壁造りとは?真壁造りの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?