>>>集成材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

集成材【しゅうせいざい】

集成材とは、数センチの厚さに挽いた板材を接着剤で繊維方向を平行にして何層もはり合わせ、角材のように加工して作られる木質材料のことです。
主に建材として用いられます。木材素材に比べて、歪みが少ない、強度が強い、乾燥による変形の狂いが生じにくいという特性があり、大きな断面のものや湾曲した形状のものを作ることができます。ただし、製造コストがかかることや、接着面がはがれて隙間ができる場合があるなどのマイナス面もあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

集成材とは?集成材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?