>>>人感センサー

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

人感センサー【じんかんせんさー】

人や動物から放射される熱線の量の変化を検知するセンサーのことをいいます。
センサーから赤外線が出され、人(動物)が帯びている静電気に反応してスイッチがONになり、一定時間点灯した後、自動的にOFFになるしくみになっています。主に廊下やトイレ玄関ポーチなどの照明などに使われています。手動でスイッチを押す必要がないので、たくさん荷物を持って帰ってきた時や、暗がりで鍵穴を探さなければならない時などに便利です。また、トイレなどでは電気の消し忘れも防いでくれます。
照明本体にセンサーが組み込まれているタイプと、別にセンサー付きスイッチを設置するタイプがあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

人感センサーとは?人感センサーの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?