>>>準住居地域

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

準住居地域【じゅんじゅうきょちいき】

準住居地域とは、幹線道路沿いで、自動車関連施設などと住居環境の調和を図る地域です。
建ぺい率は、50・60・80パーセント、容積率は100~500パーセントです。
この地域に建てられるのは、次のとおりです。
●住宅などの居住用の建物、教育施設
●店舗等(1万平方メートル以下)、事務所等、ホテルなど(ラブホテル類を除く)
●旅館
●娯楽施設、や展示場等(1万平方メートル以下)
●倉庫等(建築基準法法令で定める量を超ない危険物の貯蔵)、自動車車庫、畜舎、自動車修理工場(原動機を使用する工場は作業場が150平方メートル以下)
この地域に建てられないのは、キャバレーなどの風俗業、商業地域および準工業地域に建築してはならない工場、一定基準を超える危険物の貯蔵・処理工場、などです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

準住居地域とは?準住居地域の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?