>>>重量鉄骨

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

重量鉄骨【じゅうりょうてっこつ】

重量鉄骨とは、厚さ6ミリ以上の構造用鋼材を使用した工法のことです。
H型鋼などの重量鉄骨をとして使用して、接合部分をボルトで接合した構造で、木質系パネル・軽量気泡コンクリートパネル・窯業系パネルなどで壁・床を構成します。強度が高く、開口部を広く取れるなど、間取りの自由度にも優れています。H形鋼や角形鋼管は、大規模な高層ビルやマンションなどの柱や梁などに使われます。戸建て住宅でも重量鉄骨を採用したものがあります。
マンション等の場合、鉄骨造といえば「重量鉄骨」のことを指しますが、特に戸建て住宅の場合には、「軽量鉄骨」との比較で「重量鉄骨」という呼び方がされているようです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

重量鉄骨とは?重量鉄骨の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?