>>>借地借家法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

借地借家法【しゃくちしゃっかほう】

借地借家法とは、建物の所有を目的とする地上権、土地賃貸借(借地)、建物の賃貸借(借家)について定めた法律です。
1992年に施行され、それまでの「借地法」「建物保護ニ関スル法」「借家法」は廃止されました。この法律の目的は、賃借人の保護であり、基本的には旧法の精神を継承しつつ、時代の適応を図ったものです。一方では賃借人の権利を明確にし、他方では期限を設けた借地権を新設(一般定期借地権建物譲渡特約付借地権、事業用借地権)など、賃貸市場の活性化を図る内容となっています。また、更新のない定期借家契約についても新たに規定が設けられました。
なお、借地借家法施行後も、それ以前に設定された借地権やその更新については旧法が適用されます。そのため、普通借地権での適用は限られたものとなっています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

借地借家法とは?借地借家法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?