>>>敷地検査

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

敷地検査【しきちけんさ】

敷地検査とは、建物を建築するに当たって、敷地に関してさまざまな点を検査することです。
通常は施工を依頼したハウスメーカー工務店などが無料で行ってくれます。敷地検査では、隣地との境界線や接道、日照など、建築基準法に照らしてどの規模の建物が建築可能かを調べたり、電気、ガス、水道などの引き込み状況なども確認します。また、実際に工事をする際に、工事車両の駐車場所や、どの大きさの工事車両や機材が持ち込めるかなども検討されます。
家を建てる前には、敷地検査は不可欠で、十分な検査を実施していないと後々のトラブルにつながります。なお、施主は敷地調査に同行して、自分の目で確認しておくのがいいでしょう。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

敷地検査とは?敷地検査の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?