>>>所有権留保

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

所有権留保【しょゆうけんりゅうほ】

割賦販売(月賦などの分割払)の場合に、売主が売買の目的物(商品)を引渡しても、残代金の確保のために目的物の所有権買主に移転せず、自己の所有権としてとどめておくことを、所有権留保といいます。
目的物が不動産の場合、売主が登記を移して所有権が買主に移転するまでの間に、売主の二重売買や倒産によって、買主が不測の損害を被る危険が大きくなる可能性が出てきます。そのため、売主が宅建業者で買主が個人の場合、代金の10分の3を超える支払いがある場合には、業者は所有権留保をしてはならないと定められています。また、宅建業者が買主の債務を保証する「提携ローン付き売買」でも、同趣旨のことが定められています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

所有権留保とは?所有権留保の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?