>>>住宅性能表示制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

住宅性能表示制度【じゅうたくせいのうひょうじせいど】

住宅性能表示制度は、法律に基づいて住宅の性能を表示する制度です。
この制度は、住宅品質確保促進法(品確法)に基づく住宅性能表示基準によって、性能比較ができるように表示を定めています。住まいの性能が、地震に対する強さ、火災に対する安全性、省エネルギー対策など10項目について、等級や数値で表示されます。
性能評価は第三者機関の評価員が行い、設計段階のチェック(設計住宅性能評価)と建設工事・完成段階のチェック(建設住宅性能評価)がなされます。制度の利用は任意で、評価を受けた物件には評価書が交付されます。建設住宅性能評価を受けると、万一トラブルが起きても「指定住宅紛争処理機関」が迅速に対応してくれます。また、住宅ローン地震保険の優遇があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

住宅性能表示制度とは?住宅性能表示制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?