>>>遮音等級

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

遮音等級【しゃおんとうきゅう】

建物の遮音性能を表す指標で、建物がどれだけの騒音を遮ることができるかを表す数値のことです。
音には空気の振動で伝わる空気音と固体を振動させ伝わる固体音がありますが、遮音等級では空気音はD値(sound pressure level DifferenceのD)、また固体音はL値(floor impact sound LevelのL)で表されます。また、固体音の一つである床衝撃音には、比較的軽くて高い音である軽量床衝撃音と、重くて鈍い音である重量床衝撃音があり、それぞれLL(LはLight weightから)とLH(HはHeavy weightから)で表します。これらのL値は、数値が小さいほど遮音効果が高いことを意味します。
日本建築学会では、マンションなどにおいてLL-45を望ましい水準として推奨しています。一方、日本工業規格では、サッシやドアからの空気音の伝わりにくさをT-1からT-4の等級で表しますが、こちらは数字が大きい方ほど遮音性能が優れていることを意味しています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

遮音等級とは?遮音等級の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?