>>>実測図

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

実測図【じっそくず】

実測図とは、地積測量図のことで、土地家屋調査士などによって実際に測量された地図のことをいいます。
登記所に保管されている公図が、明治時代初期の地租改正事業での測量によって作られたもので、都市部を除くとかなり不正確なことが少なくありません。1960年以降、分筆(1筆の土地を分けて登記すること)には地積測量図を添付することになっていますが、それ以前に登記されたものは添付されていません。
土地の取引においては、登記上の地積と実際が異なるとトラブルの原因となります。そのため、不動産売買契約に際しては、測量に基づいた実測図を作成し、隣地との境界なども明らかにすることが望まれます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

実測図とは?実測図の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?