>>>事実不告知・不実告知の禁止

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

事実不告知・不実告知の禁止【じじつふこくち・ふじつこくちのきんし】

宅地建物取引業者(不動産業者)は、その業務に関して、その相手方等に対し、「重要な事項について故意に事実を告げず、または不実のことを告げる行為」をしてはなりません。このことを、「事実不告知・不実告知の禁止」といいます。
不動産取引上重要な事実をわざと知らせないか、事実と違うことを言ってはならないということです。
なお、「重要な事項」とは、土地や建物に第三者の権利(借地権抵当権など)が設定されているような場合で、購入者の意思決定上重要な要素になったり、物件の価格などの資産価値を著しく下落させる事項などです。ただし、これは、社会通念上、客観的に判断されるものに限ります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

事実不告知・不実告知の禁止とは?事実不告知・不実告知の禁止の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?