>>>心持ち材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

心持ち材【しんもちざい】

心持ち材とは、木の中心部を含んでいる材のことです。
赤みを帯びた木の中心部分を心材(赤身)、外側の周辺部を辺材(白太)といい、この心材部分を含む材を心持ち材といいます。また、辺材だけの材は心去り材と呼び、見栄えがよく、乾燥しても割れが入りにくいため、主に化粧材などに利用されます。一方、心持ち材は丈夫で燃えにくいという特性から、土台などに使われます。ただし、乾燥による割れが生じやすいため、あらかじめ割りを入れる「背割り」処理が必要となります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

心持ち材とは?心持ち材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?