>>>事業受託方式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

事業受託方式【じぎょうじゅたくほうしき】

事業受託方式とは、土地有効活用のひとつです。
デベロッパーハウスメーカーなどが、事業の企画、資金計画、建物の設計・施工・監理、テナントの募集、建物の管理・運営などを総合的に請け負う(一部受託もある)方式です。
この事業方式は、土地所有者が所有権を残したまま、煩雑な事務処理など一切を受託者に任せられるという利点があります。それだけに、委託する業者の実力によるところが大きいといえます。この方式では、不動産会社が建物の一括借上げをする方式が多いようです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

事業受託方式とは?事業受託方式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?