>>>指定確認検査機関

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

指定確認検査機関【していかくにんけんさきかん】

指定確認検査機関とは、建築確認申請・検査業務を行う民間機関のことです。
従来は地方公共団体(特定行政庁)の建築主事のみに認められた業務でしたが、1999年の建築基準法改正により、国土交通大臣または都道府県知事が指定した民間機関に認められました。
指定確認検査機関としての指定を受けるには、確認検査を専門的に行う職員の数が十分であること、確認検査業務の実施計画が適切なものであることなど、法令に定められた基準を満たしていることが必要です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

指定確認検査機関とは?指定確認検査機関の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?