>>>市街地開発事業

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

市街地開発事業【しがいちかいはつじぎょう】

市街地開発事業とは、一定の地域について市街地の大規模な整備開発を行うものをいいます。
自治体などが総合的な計画に基づいて、公共施設の整備改善や宅地の利用増進等を実施します。
市街地開発事業には、土地区画整理事業新住宅市街地開発事業工業団地造成事業市街地再開発事業、新都市基盤整備事業、住宅街区整備事業、防災街区整備事業の7種類があります。
事業内容は、業務、商業、文化、居住等の施設の誘導、ニュータウンの整備、首都圏の近郊に工業団地を造成することによる人口・産業の拡散、災害に強い建築物の整備、避難路・避難場所になる道路・公園の整備など、事業の種類によりさまざまです。汐留地区の土地区画整理事業、多摩ニュータウン・佐野新都市などの整備、つくば市における工業団地の造成、板橋三丁目地区防災街区整備事業など、多くの事業が行われています。
事業予定区域では、事業の進行の妨げにならないよう、開発・土地取引などが制限されます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

市街地開発事業とは?市街地開発事業の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?