>>>座金

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

座金【ざがね】

ボルトとナットをよりしっかりと固定するために用いる、薄い輪状の金物のことをいいます。「ワッシャー」や「平座金」とも呼ばれることがあります。
通常ボルトやナットを用いた場合、締めつけていくに従って接触面の摩擦が大きくなったり、とくに固定物の表面が平滑でない場合などは、締めつけが十分に行えません。ナットと部材の間に「座金」を入れることで、ボルトやナットの回転が滑らかとなり、十分に締めつけることが可能になります。また、ナットのゆるみ止め防止や、固定物を締めつけた圧力で変形させないように緩和させる目的でも使用されることが多いです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

座金とは?座金の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?