>>>採光補正係数

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

採光補正係数 【さいこうほせいけいすう】

採光関係比率に、用途地域別に定められた係数をかけ、別途定められた値を減じた係数のことをさします。建築基準法によって、建物の居室に必要な採光量が定められていますが、開口部の形や大きさ・場所、その上にある庇の大きさ、開口部の周囲に建物が隣接するかなどのさまざまな条件によって、有効な採光量は変わってきます。そこで、開口部面積に、さまざまな条件を考慮して補正する「採光補正係数」をかけることで、有効な採光量を求められます。
数式にすると、採光補正係数=「採光関係比率(水平距離(d)÷垂直距離(h))×A-B」
※AとBについては、住居系、工業系、商業系などの用途地域別にそれぞれ値が決まっている。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

採光補正係数 とは?採光補正係数 の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?