>>>採光関係比率

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

採光関係比率【さいこうかんけいひりつ】

採光関係比率とは、開口部の真上にある軒先などから敷地境界線までの水平距離を、軒先高さから開口部中心までの垂直距離で割った値のことをさします。水平距離を測る場合、庇や軒などがあり窓よりも隣地境界線寄りに建築物が出ているときには、庇の先端が測定ラインになります。建築基準法では、生活に必要な明るさを確保することを定めているので、この数字がある一定の基準に達しない場合は、開口部を大きくしたり、トップライトを設置したりなどの対応策が必要となります。
数式で表すと、採光関係比率=水平距離(d)÷垂直距離(h)となります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

採光関係比率とは?採光関係比率の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?