>>>サワラ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

サワラ【さわら】

ヒノキ科の常緑針葉樹。本州北部から中部、中国、九州など広範囲に分布しており、とりわけ木曽地方や飛騨地方特産の木材として江戸時代から親しまれてきました。樹木の周辺部は白色ですが、中心部はくすんだ黄褐色。ヒノキ独特の香りはありませんが、水や湿気に強く、軽くて柔らかい材質が特徴です。その特徴を活かし建築材だけでなく、障子やふすまの組子の素材や桶など、日本古来の住まいや生活に応用されてます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

サワラとは?サワラの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?